こころ検定とは

一般的な辞書等の解釈ではこころは非常に多義的・抽象的な概念で人間や生き物の精神的な作用のもとになるものを指し、感情、意志、知識、認知、記憶等を含みつつ指しているとあります。
それは、物質として存在しないその人や生物そのものの意識であり、生きていると明らかに感じるそのものともいえます。
こころとは人間そのものと言っても良いかもしれません。
その“こころ”を学ぶことで科学的に解明、証明したこころの状態を把握し、そのこころの知識を生かすことによって生きやすい状況にもたらすものと考えます。

こころを学ぶ!!

こころを意識して行動し生活する。

人間や生き物で最も大切である“こころ”を学問として捉え、心理学を学びます。
今まで専門研究者の学問であった心理学を、一般の人たちの学問として普及に努め、心理学を日常の生活に役立てる体系づくりを行います。
そして自分のこころを理解することによって、周りの人たちのこころにも理解することで自分自身の行動や相手に対する言動、こころ遣いが出来ることを目指します。
ストレスフリーの自分自身の生活や周りの環境メンタルを整え、健康かつ幸福につながるこころを養うのです。

こころ検定®とは?

私たちは常に無意識にこころに感じるままに行動したり、感情を表したり、考えたり生活しています。
今まで無意識で気づかないこころを学問として学びこころは、人の生活や社会でどのような影響を与えているのかを理解します。
基礎心理学を中心にこころのメカニズムを知識として理解し、より良いこころの環境を作り出せる人を育てます。
また1級のメンタルケア心理専門士®、2級のメンタルケア心理士®では基礎心理学に加え、臨床心理学まで学び実際こころでの人への関わりや援助が出来る知識と技能を持った人を育てます。
こころ検定の試験勉強を通じて、身近に誰もがこころを学問として学び自分自身のこころを理解し、人のこころを感じとれる“本当の人間”を理解するのです!

こころ検定®からメンタルケア心理士®とメンタルケア心理専門士®へ

こころ検定試験を主催する内閣府特別の機関日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術学会は、2006年より先駆けて大学学部、大学院での養成ではなく、民間スクール等いつでも、どこでも日本学術会議協力学術研究団体指定(メンタルケア学術学会以外は大学、大学院養成のみ認定)学会認定心理系資格として「メンタルケア心理士®」「メンタルケア心理専門士®」を養成。
今回、こころ検定®試験制度発足により今後、より高度な心理学の知識・技能習得証明として以後の2級及び1級は現在、メンタルケア学術学会にて認定している、メンタルケア心理士®を2級、メンタルケア心理専門士®を1級相当とし、学術学会入会許可を与え研究者の称号を付与する制度としています。

メンタルケアカウンセラー®

こころ検定®3級、4級は心理学領域の中の基礎心理学の修得を目指すものです。 "メンタルケア心理士®、メンタルケア心理専門士®"では、応用心理学の一つである臨床心理学の基礎の修得を目指します。メンタルケアカウンセラー®は、試験制度はありませんがメンタルケアカウンセラー®講座を教育指定校で開講しています。
メンタルケアカウンセラー講座は、臨床心理学の入門と位置づけ、初歩から学び本格的な臨床心理学を学ぶ土台としての知識を学ぶことが出来ます。
こころ検定®4級、3級を学んだあとメンタルケア心理士®受講、受験前にメンタルケアカウンセラー®講座を学ぶことでスムーズに基礎心理学から臨床心理学入門~臨床心理学基礎へと学ぶことが可能なお勧め講座です。
メンタルケアカウンセラー®資格取得は、メンタルケアカウンセラー講座修了をもって認定となります。メンタルケアカウンセラー®講座は教育指定校で開講していますので、その後、無理なくメンタルケア心理士®受験へと進むことができます。

こころ検定®の認定

こころ検定は内閣府特別の機関日本学術会議協力学術研究団体メンタルケア学術学会の公的団体が認定及び運営していますので安心して受験していただけます。