お知らせ

こころ検定CBT試験会場における新型コロナウイルス感染症対策について

  • お知らせ
  • 2022/01/20

こころ検定CBT試験受検をされる方へ

当学会検定事務局では、CBT試験の運営を委託するCBTソリューションズ株式会社(以下、「CBTS」といいます)における新型コロナウイルス感染症感染予防対策として以下の実施に取り組んでおりますことご案内いたします。
なお、CBTSでは2020年6月20日に公示した内容に、日々変化する感染症の状況を踏まえて改訂され、また、当学会及びCBTSが加盟する全国検定振興機構 「民間検定試験の実施における新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン」 をベースとし、CBT方式試験の特徴などを加味して独自の対策を実施しています。

【Ⅰ】CBT方式試験の運営に関する弊社の基本方針と対策概要
CBTSは、受験者の皆さま、およびテストセンター・スタッフの安全確保を優先課題とし、試験運営における感染リスクの回避と感染拡大防止対策に万全を期してまいります。

【各テストセンターにおける主な感染予防対策】
テストセンターに入室する全員(試験監督員、受験者など)のマスク着用を義務化

充分な換気をおこなう(こまめに窓・ドアを開ける、空調を使って空気の循環 等)

会場入口付近にアルコール消毒液を設置し、入室者に手指の消毒を義務化

試験ごとに毎回、アルコール消毒液にてドアノブやPC機器を消毒

受験者の受付時に本人の体調確認および検温を実施

受付、待合室、試験室などでの密状態の回避(受験者同士の間隔を確保)

なお、受験者の皆様におかれましては、次項 【Ⅱ】 も併せてご確認ください


【Ⅱ】受験者様へのお願い
各テストセンターでは、新型コロナ感染症予防の観点で、各種対策(上記)を実行し、また受験者お一人おひとりの高い健康管理意識とご協力により、安全安心な受験環境を維持しております。
受験予定の皆さまにおかれては、事前の体調管理に万全を尽くしていただくと共に、
万一、試験当日、下記「①~⑤」 に該当する場合、あるいはこれらに類似するような状態が見られる場合は、テストセンターへのご来場を控えていただき受験をご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
なお、受験の可否についてご自身で判断が難しい場合は、曖昧にせず、かかりつけ医もしくは所轄の保健所に、症状をご説明の上、受験の可否をご相談されることをお勧めいたします。

少しでも発熱症状のある場合
なお、テストセンターでは受付時の検温により、37.5度以上の発熱が検知された場合は受験を控えて頂きます。

(発熱症状はなくても)咳、のどの痛み、鼻水、味覚・臭覚異常など体調がすぐれない場合

受験の前14日以内に、発熱や感冒症状で受診や服薬をした場合

海外への渡航歴が14日以内にある場合

同居する人が以上の各項目に当てはまる場合


また、試験当日にご来場の皆様におかれましては、以下 「⑥~➉」についても併せてご協力いただきますようお願い致します。

来場時は必ずマスクの着用をお願いいたします。(マスクを着用されていない方のテストセンター入室はお断りいたします) ただし、本人確認の際は、マスクの着脱をお願いします。

テストセンター入室の際、備え付けのアルコール消毒で手指を消毒してください。

飛沫飛散防止のため、テストセンター内での私語はご遠慮ください。

受験の途中などで体調が悪くなった場合は、必ず試験監督員にお申し出ください。

受付やトイレ等で行列を作る場合、1メートル以上の間隔を空けてお並びください。

なお、激しい咳や発熱などの症状がある受験者様には受験を中断していただき、お帰り願う場合がありますのでご了承ください。

【Ⅲ】予約済試験の日程変更について
【Ⅳ】受験サポートセンターへのお問い合わせについて

【Ⅲ】【Ⅳ】については、
CBTSのホームページ内で直接ご確認をお願いいたします。

(出典:https://cbt-s.com/examinee/news/detail/2018.html 2021/1/14)

当学会検定事務局とCBTSの試験主催・運営側の感染防止の対策と、受検者の皆様の感染防止の取り組みへのご理解とご協力をもって、安心できる受検を行える空間をご提供できるように取り組んでまいります。