お知らせ

新型コロナウイルス感染症に関する対応について

  • お知らせ
  • 2020/02/21

新型コロナウイルスを含む感染症の予防と拡散防止のため、感染拡大防止の観点から、2月23日(日)実施の第4回こころ検定1級実技口述試験に限り、受検される皆様には、試験当日の会場でのマスク着用を推奨いたします。

また、試験当日のスタッフや試験官にもマスク着用を励行しています。
検定試験中もマスク着用を認めますが、以下の点についてご注意をお願いいたします。

・写真照合による本人確認の際、一時的にマスクの取り外してください。
・試験中は試験官に声がはっきりと伝わるよう発話を行ってください。試験官に声が伝わらない場合、採点・審査に影響する場合があります。
・試験会場でのマスクの配布等はございません。受検者ご自身でご用意のほどお願いします。

なお、以下の方は受検をお控えいただきますようお願いいたします。

・指定感染症を含む学校保健安全法で出席停止が定められている感染症(新型コロナウイルス、インフルエンザなど)へ罹患している方
・咳や発熱などの症状がある方
(症状により医師によって感染の恐れがないと診断された場合は、この限りではありません。また、欠席される場合、特に手続きは必要ありません。)

なお、感染症などの理由により試験を欠席した場合でも、受検料の返還や次回以降の検定回への繰り越し等の措置はありません。ご了承ください。

今回の対応は第4回こころ検定1級実技口述試験についての措置となります。2020年度実施検定において引き続き同様の措置を講じる場合は、あらためてご案内させていただきます。

受検者の皆様には、基本的な感染症対策である、手洗い・うがいの実施など、体調管理に十分ご注意ください。