お知らせ

文部科学省後援認可後初実施となるこころ検定(R)2級検定試験受検申込の受付が始まりました

  • お知らせ
  • 2018/08/30

 平成30年8月よりこころ検定(R)事業は文部科学省後援事業認可を受け、メンタルケア学術学会(特非:医療福祉情報実務能力協会内部組織)主催こころ検定は文部科学省後援となりました。 

 心理系の検定試験としては文部科学省後援認可は初であると認識しております。 
こころ検定(R)の公的資格化で心理系資格が社会的に評価され、 これから心理学が一般的に学ぶ学問として社会での新たな貢献を期待されたものとなります。 
 
 ここに、文部科学省後援こころ検定(R)として初実施となる2級検定試験の受検申込受付が始まりましたことをお伝えいたします。 
 

■2018年第3回 文部科学省後援こころ検定(R)2級(3級・4級)検定試験 
【受検申込期間】2018年8月28日(火)~9月26日(水)
【検定受検期間】2018年10月2日(火)~10月23日(火)
【検定合格証発送期間】2018年11月28日(水)~12月18日(火)
【試験形式】CBT会場試験

<文部科学省後援こころ検定(R)概要>
一般的な辞書等の解釈ではこころは非常に多義的・抽象的な概念で人間や生き物の精神的な作用のもとになるものを差し、 感情、 意思、 知識、 認知、 記憶等を含みつつ指しているとあります。 

それは物質として存在しない人や生物そのものの意識であり、 生きていると明らかに感じるそのものと言えます。 

こころとは人間や生物そのものと言っても良いかもしれません。 

その”こころ”を学ぶことで科学的に解明、 証明したこころの状態を把握し、 そのこころの知識を活かすことによって生きやすい状況をもたらすものと考えます。 

こころを学ぶ! 
こころを意識して行動し生活する。 

人間や生き物で最も大切である”こころ”を学問として捉え、 心理学を学びます。 

今までの専門研究者の学問であった心理学を一般の人たちの学問として普及に努め、 心理学を日常の生活に役立てる体系づくりを行います。 

そして自分のこころを理解することによって、 周りの人たちのこころも理解し、 自分自身の行動や相手に対する言動へのこころ遣いが出来ることを目指します。 

ストレスフリーの自分自身の生活や周りの環境やメンタルを整え、 健康かつ幸福につながるこころを養うのです。 

■日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会について
(特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会内部組織)
・所在地:東京都新宿区西新宿3-2-27 オーチュー第7ビル4F
・理事長:別府 武彦
・事業内容:文部科学省後援こころ検定(R)の実施、メンタルケア心理士、準メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の啓蒙・研鑽活動、及び地位向上。学術大会の運営。地域・社会貢献活動。
・URL:http://www.mental-c.com/

■本件に関するお問合せ先
日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会
(特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会内部組織)
・担当者:市川
・電話:03-5326-7785
・Mail: pr*mental-c.com ※スパムメール対策のため*を@に変えてください。